2018年度公開講座運営方針
 
お客様の教育ニーズに密着し、モノづくりを実践・推進しうる実践的先進技術・技能を持った人材を育成します。

【わかる】 【できる】 【うごける】
 
公開講座の狙い
   
1.考え方
 
(1) 「先進技術の基礎理論がわかり」 (学科) → わかる
(2) 実習により実際に体験し」     (実習) → できる
(3) 「職場で実務に活かせる」      (実践) → うごける
   
  2.具体的内容
 
(1) 各講座をモジュール化しているので、現場の問題解決に必要とされる技術レベル、受講者の実力に合わせて体験/入門、初級、中級(中級実践)、上級といつでも必要な講座を選択し受講できます。
(2) 単なる知識教育だけでなく、学んだことを確実に身につけるまでフォローします。
(3) 実際に職場で使用している設備や装置を教材として使用し、受講者一人に一つの教材を基本として実習できます。  
(4) 技術の進歩と環境の変化に迅速に対応し、常に最新の教材とテキストで学ぶことができます。